やってみてわかった!

50歳を機に、会社を辞めてセカンドキャリアに挑戦中

MENU

静岡県オリンピックボランティア研修

11月4日に行われた、静岡県都市ボランティアの基礎研修に参加しました。

10月の座学研修に引き続き今回は、静岡県で行なわれる自転車競技の会場になる、伊豆ベロドローム・サイクルスポーツセンターで行われました。

 

東京オリンピック、パラリンピックの自転車競技は、下記の日程で行われます。

f:id:kita_san:20181105212103j:plain

 

競技の開催場所は、

・ロードレースは、武蔵の森公園 ⇨富士スピードハイウェイ

・トラックレース、MTBは、伊豆ベロドローム・サイクルスポーツセンター

・BMXは、東京です。

 

今回の研修では、実際に大会会場を見学して、自転車競技の内容を学ぶ研修で、約360名が参加しました。(12月にも再度同じ研修があり、同程度数が研修を受けるそうです)

会場には多くの紹介パネルや自転車が展示してありました。

 

自転車競技の種類

f:id:kita_san:20181105212244j:plain

 

トラックレース用の自転車      ブレーキがないんですね。

f:id:kita_san:20181105212250j:plain

 

MTB用自転車   カッコいい!

f:id:kita_san:20181105212302j:plain

 

初音ミク仕様の自転車もありました。

f:id:kita_san:20181105212321j:plain

 

ベロドロームの内部    

トラックレースの会場となる伊豆ベロドロームです。
ベロとはラテン語で自転車、ドロームは競技場という意味だそうです。
木製の走路で1周250mのコースです。当日は競技が開催されていました。
観客席は現在1800席しかなく、オリンピックに向けて3000席に拡張するそうです。
それでも観戦チケットは入手が難しくなりそうですね。

f:id:kita_san:20181105212133j:plain

 

コーナーの最大傾斜は45度あり、上から見ると絶壁のようです。ここを時速80km近いスピードで走り抜けるそうです。
観客席との距離が近いこともあり、凄い迫力です。

f:id:kita_san:20181105212153j:plain

 

MTBのコースは、この辺りにこれから作るそうです。

f:id:kita_san:20181105220206j:plain

 

現在は、サーキットとMTBがレンタサイクルや自転車持ち込みで楽しめます。

f:id:kita_san:20181105212122j:plain

 

お土産にフェースタオル(1200円)を買いました。

f:id:kita_san:20181105212225j:plain

 

自転車競技はこれまで関心がなかったのですが、実際に競技を見て、その迫力のすごさに驚きました。

また静岡県はボランティア研修をしっかりやっていただけるので、とても勉強になります。

オリンピックまであと2年を切りました。今から楽しみです!

 

最後までありがとうございました。