やってみてわかった!

50歳を機に、会社を辞めてセカンドキャリアに挑戦中

MENU

『1分で話せ』を読んでわかったこと

Yahoo!アカデミア学長伊藤羊一さんの、『1分で話せ』を読んで、印象に残った言葉、わかったことを書きました。

1分で話せ 世界のトップが絶賛した大事なことだけシンプルに伝える技術

1分で話せ 世界のトップが絶賛した大事なことだけシンプルに伝える技術

 

 

「人は、相手の話の80%は聞いていない」

あなたの想い、伝えたい言葉はあるか? 聞き手にどうしてほしいのか、ゴールはなにか、をよく考えなくてはならない。そのために自分のなかで、まず結論を出すことが重要。

確かに、私も興味のない話や自分に関係ない話は、聞いていないことが多いです。

 

「ピラミッドでロジカルにストーリーをつくる」

(結論)「これが結論です」
(根拠)「理由はA,B,Cだからです」
(事実)「例えばAだと・・、Bは・・があります」

いつも意識していないと、なかなかこのようには話せないですよね。
「先に結論と根拠を述べ、相手の理解度をみて、話を広げる」ことが大切なのですね。

 

やってはいけないこと

  • 「プロセス」を話す
  • 気を遣いすぎる
  • 自分の意見とは違うことを言う
  • 笑いを入れる

つい興味を引くためにやってしまいがちですが、ストーリがわからなくなり、逆効果なんですね。

 

正しいことを言うだけでは、人は動かない

 相手の頭の中にイメージを描いてもらうようにする。
 そのためには、

  • ビジュアルを見せる
  • たとえ話をする
  • 「超一言」で包み込む 
     ⇒ 伝えたい内容を一言で包み込む
  • 動かしてなんぼ、そのための努力と時間を惜しまない

正しいことを言いえば動いてもらえると思いがちですが、相手の共感を得ることが大事でなのですね。

 

この本を読んでわかったこと

プレゼンだけでなく、仕事での会話メール外国人との会話に活用できそうですね。
当たり前そうでなかなかできない。大事なプレゼンの前に読み直してみると良いと思いました。

 

伊藤羊一さんをもっと詳しく知りたい方は、Yahoo!アカデミアが配信している、著名人と対談されている動画もいいですよ。
Face book @yahooacademia
ありがとうございました。

記事一覧に戻る 

 

<広告>

1分で話せ 世界のトップが絶賛した大事なことだけシンプルに伝える技術

1分で話せ 世界のトップが絶賛した大事なことだけシンプルに伝える技術