やってみてわかった!

50歳を機に、会社を辞めてセカンドキャリアに挑戦中

MENU

シンガポールからジョホールへ(1.移動編)

8月1日〜4日 シンガポールとマレーシアのジョホールに行ってきました。
マレーシアへの移動や、美味しかった食べ物など役立ちそうな情報をシェアします。

チャンギ空港に到着

JALはターミナル1に到着します(ANAはターミナル2)。
この日のシンガポールの気温は27℃。このとき東京は34℃。
シンガポールの方が涼しいとは、、。

f:id:kita_san:20180805121742j:plain

 チャンギからジョホールに移動

私はいつも、マレーシアのインターナショナルタクシーを予約して迎えに来てもらいます。ターミナル1は混雑してピップアップが難しいとのことなので、ターミナル2に来てもらっています。ターミナルの移動は無料のスカイトレインで5分ぐらいです。ちなみにタクシーの料金は220RMBでした。

 おススメの地図アプリ

海外ではいつも、”Maps.me”を使っています。地図をあらかじめダウンロードしておくと、Wi-Fiがなくても、現在位置を表示してくれるので、タクシーで行き先を告げる時や、どこを走っているのか確認したいときなど、とても便利ですよ。
ちなみに下の赤いピンは、私がこの1年間仕事で行った場所です。

f:id:kita_san:20180805113646j:plain 

f:id:kita_san:20180805122519p:plain f:id:kita_san:20180805154158p:plain

国境の渋滞

シンガポールとマレーシアを結ぶ道路は2本しかなく、Link1とLink2と呼ばれる橋でつながっています。

この橋はいつもひどく渋滞します。地元の人に聞くと1日になんと、20万人もの人がこの橋を利用しているそうで、特に朝夕の通勤ラッシュはすごいです。

朝は、5時~8時頃マレーシア⇒シンガ、夕方は、5時~8時頃シンガ⇒マレーシアの渋滞が特に酷く、イミグレーションを通過するのに2時間くらいかかることはざらです。

マレーシアの物価はシンガポールの1/3ぐらいなので、週末にシンガポールからマレーシアに遊びに行く人も多く、休日も渋滞しやすいそうです。

ちなみに、1時間1,000円で1日20万人と仮定すると、1日2億円のGDPの損失だと考えるとすごいですね。

今回夕方の6時30分にチャンギ空港を出発して、ジョホール市内に着いたのは9時前でした。

こんな時、便利なのが、”Trafficam.SG”というアプリです。シンガポール市内の主要箇所の渋滞写真がリアルタイムで更新されるので、出発時間の調整などに使えますよ。

f:id:kita_san:20180805120315j:plain

f:id:kita_san:20180805134519j:plain

 ジョホールのホテル

ジョホールの中心部ジョホールバルには、何件も大きなホテルがあります。
私は何件かいろいろ泊ってみた結果、KSLリゾートホテルを利用してます。理由はショッピングセンターが隣接していることと、比較的静かだからです。以前はレゴランド目的の中国人環境客が多く泊まっていましたが、最近は少ないようです。値段も以前よりずいぶん安くなり便利です。

 

KSL Hotelの料金確認はこちらから

f:id:kita_san:20180810174155j:plain

 

KSLホテルからのジョホールの眺め

f:id:kita_san:20180805121751j:plain

 

 1.食べ物編に続きます。なにかのお役にたてばうれしいです。ありがとうございました。

シンガポールからジョホールへ(2.食べ物編) - kita_san Blog

記事一覧に戻る ⇒ kita_san Blog