やってみてわかった!

50歳を機に、会社を辞めてセカンドキャリアに挑戦中

MENU

『「ビジネス頭」の磨き方』を読みました

 『楽天大学長が教える「ビジネス頭」の磨き方』/仲山進也著は、先日読んだ仲山さんの『組織にいながら、自由に働く。』がとてもおもしろかったので、こちらも読んでみました。

この本は2008年に、仲山さんが楽天の出店者の成長を応援してきた経験をベースに書かれた本ですが、商品販売だけでなく、いろいろなタイプのビジネスにも参考になるおススメの一冊だと思いました。

本書では、

【夢中な自走人】=変化の激しい時代に成長できる人
【霧中な依存人】=変化の激しい時代に成長できない人

に分類して、【夢中な自走人】として成長するために、必要な「視点」を、4つの成長のステージにあわせて説明しています。
ステージ1 価値伝達
ステージ2 価値創造
ステージ3 チーム化
ステージ4 志・理念 

これらの内容はとても濃く、かつ楽天出店者の実例を交えて具体的に説明されているので、とてもわかりやすいです。

またそれぞれのステージや、10個紹介されている「視点」は、ブログなどで既にビジネスをしている人や、これから始めようと考えている人にも役立つ内容だと思いました。

いつも仲山さんの本を読んで、いい本だな~と感じるのですが、なぜそう感じるのか私なりに視点を「因数分解」してあらわしてみると、

仲山さんの本が良いと感じる理由 =「実体験に基づいている」x「言葉がわかりやすい」x「ロジックがしっかりしている」

からかな、と思いました。ぜひ、私も取り入れてみたいと思います。

ありがとうございました。

 

<広告>

楽天大学学長が教える「ビジネス頭」の磨き方

楽天大学学長が教える「ビジネス頭」の磨き方

 

 

<他の読書感想> 

 

記事一覧に戻る ⇒ kita_san Blog

 

<広告>

組織にいながら、自由に働く。 仕事の不安が「夢中」に変わる「加減乗除(+-×÷)の法則」

組織にいながら、自由に働く。 仕事の不安が「夢中」に変わる「加減乗除(+-×÷)の法則」

 
どこでも誰とでも働ける――12の会社で学んだ“これから

どこでも誰とでも働ける――12の会社で学んだ“これから"の仕事と転職のルール